>

カトラリーの選び方

カトラリーの陳列

「カトラリーを買いたい」と相談を受けた際、当店では最初に「ブランドカトラリーの違い」を説明させて頂き、その後で選ぶお手伝いをさせて頂きます。

ブランドカトラリーの違い

100円でもカトラリーが買える時代に、どうしてブランドのカトラリーを選ぶのでしょうか。
ここではわかりやすく2つの理由を説明をします。

1.材質の違い

100円ショップで販売されているカトラリーの材質はステンレス。
ブランドのカトラリーも大半はステンレス(他に銀製もあります)。

同じステンレス製なんです。

でも、違いがあります。

それはクロムとニッケルの含有量です。
ステンレスは鉄にクロムとニッケルを混ぜた合金です。
なぜクロムとニッケルを混ぜるかと言うとサビにくくなり、金気(金属臭)が無くなるからです。
混ぜる量をクロム18%、ニッケル8%以上にするとサビが発生せず、金属臭も無くなっていきます。
100円ショップのカトラリーはクロム18%、ニッケル0%の商品が多いです。
一方、ブランドのカトラリーはクロム18%、ニッケルは8%が最低ラインで、10%や12%、18%以上のカトラリーもあります。
「18-8」や「18-10」と商品に刻印されています(刻印がない物もあります)。または商品ページで確認して下さい。

またステンレスよりも金気がなく熱伝統率の高い「銀製」のカトラリーがありますが、お手入れが大変ですので、初めての方にはオススメできません。
また別の機会にお話しさせて頂ければと思います。

2.磨きの違い

安価なカトラリーは機械による大まかな研磨が行われています。
一方、ブランドのカトラリーは機械による研磨と手作業(※)による研磨が行われています。
※手作業と同レベルの研磨ができる機械の利用が広まりつつあります。
その違いは表面を見ると一目瞭然です。

研磨 100均 研磨 ブランド 研磨 ブランド最高級

表面が滑らかであればある程、2つの利点が生まれます。

1つ目は、口当たりが良いこと。
舌は敏感なのでわずかな違いでも感じとると言われています。

2つ目は、ゴミやサビが溜まらないこと。
サビは金属臭の原因になり、付き過ぎると料理の味にも影響してしまいます。
滑らかなカトラリーは長く使っていても料理の味を邪魔をしません。

つやあり?無し?

カトラリーの表面仕上げには「ミラー仕上げ」と「つや消し仕上げ」があります。
ミラー仕上げは文字通り鏡のように光を反射する、つるつるな表面をしています。
一方、つや消しは表面に凹凸をつけて、反射が少なく、表面はさらさらしています。
ミラー仕上げのメリットはより表面がなめらか、食べ物が口に滑り込んできます。カトラリーの存在を感じさせません。
つや消しは映り込みがないので素朴な佇まい、シンプルな食卓に合います(北欧雑貨として人気が出ました)。
口に入れた時に舌にさらっとした引っ掛かりがあり、カトラリーの存在感を感じられます。
ブランドカトラリーのつや消し仕上げは、表面の凹凸が非常に細かい為、ゴミやサビが溜まりにくくなっています。




カトラリーの選び方

ここまで読んで頂きありがとうございます。
ブランドカトラリーの良さを知って頂いた上で、次に選び方について、です。

何か買い物をする時「デザイン」で選ぶ人が多いと思います。
見た目が気に入ったなら、他に少し不便な事があっても我慢できます。
例えば、車を買う時、デザインが気に入ったなら、ちょっと燃費が悪くても我慢できますよね。

ですので、オススメの方法としては、カトラリーのデザイン一覧をご覧頂き、気に入ったデザインを見つけます。
そこから材質や、磨き、さらに予算も考慮して絞り込んでいく方法が良いです。
材質や仕上げで絞り込むこともできます。ぜひお試しください。




出張カトラリー診断

私達の思いとして「実際にカトラリーに触れて選べる機会を増やしたい」という思いがあります。
なぜなら持ってみることがお気に入りのカトラリーを見つける一番の近道だからです。
zen-tableではカトラリーに触れてもらえる機会を増やす為に、不定期にカトラリー診断イベントを開催していく予定です。
イベントに出店したり、貸しスペースを借りて行う事を企画中です。

LINEで質問